2015年12月15日火曜日

シラヒゲハエトリ♀ 産卵から28日目の様子

シラヒゲハエトリ そろそろ巣立ち

産卵から28日目のシラヒゲハエトリの産室の様子

D7100 w/AF Micro-Nikkor 60mm/f2.8D +ET-ABC. Mag. x1.95
  ZereneStackerで26枚をフォーカススタッキング

12/5投稿記事シラヒゲハエトリの子育て その後の様子からさらに5日後。産卵から28日が経ちました。
前回の観察では子たちはまだ毛も生えていませんでしたが、5日間で毛も生え揃い、目もすっかり成長して、一人立ちの準備は万端といった姿に変わっていました。抜け殻が見られたので、5日間の間のどこかの時点で一度脱皮したようです。

この頃になると子グモはとても活発で、産室を開けたとたん、多くの子グモは産室の外へと出て行きました。
戻すのが大変ですが、あまり遠出はせず、飼育容器の縁にいるのを違う容器に入れて退避させて、残った子グモと母グモを撮影した様子です。
私の自宅生まれですが、母グモのいた場所にかえす日も近いようです。

一方の母グモは採取から一ヶ月以上絶食状態を続けているため、腹部に目をやるとすっかりとやせ細り、心配になってきますが、心配をよそに母グモはとてもタフで、その生命力の強さにはつくづく驚かされます。
子グモが体にまとわりついても微動だにせず、一匹の子グモが母グモの口の辺りにいますが、気にしていません。 

0 件のコメント:

コメントを投稿